Works

福祉事業 サービスサイト制作

Client
株式会社エクシオテック
Role
  • Brand site
  • CMS
  • Design
  • HTML Coding
  • illustration
Launch Site

福祉事業 サービスサイト制作

Overview

プロジェクトの背景と課題

株式会社エクシオテックは、「全ての人に、自由な日常を」というコンセプトのもと、視覚障害者向け製品と聴覚障害者向け製品の製造、販売、設置工事を行っています。ホテルや商業施設、駅や市庁舎などの公共施設でこれらの製品が利用されることで、障害の有無に関わらず、全ての人々が安全かつ快適に生活できる環境を提供しています。

この度、株式会社エクシオテックのサービスサイトを制作するにあたり、いくつかの重要な課題を見つけました。
まず第一に、視覚障害者や聴覚障害者向けの製品について、設計者やゼネコン、施設管理者などの専門家に対して分かりやすく情報を提供する必要がありました。これにより、彼らがエクシオテックの製品を導入する際の意思決定をスムーズに行えるようにすることが求められました。

さらに、製品の特長や使用方法を具体的に紹介し、どのように日常生活を向上させるのかを視覚的かつ直感的に伝えることが重要でした。

最後に、製品に関する問い合わせを円滑に行えるよう、ユーザーフレンドリーな問い合わせフォームやUIを実現することも求められました。これにより、エクシオテックの製品を導入したいと考える顧客がスムーズにコンタクトを取ることができ、迅速な対応が可能になります。

これらの課題に対処するため、当プロジェクトでは、ユーザーエクスペリエンスを重視し、エクシオテックの事業の価値を最大限に伝えるサイトを目指しました。

 

取り組みと解決策

サービスサイト制作において、我々は複数の課題に対する解決策を講じました。その中でも特に注力したのは、製品の特長や使用方法を視覚的に分かりやすく伝えるための取り組みです。

まず、視覚障害者向け製品と聴覚障害者向け製品それぞれの詳細な説明を分かりやすくまとめ、専門家や施設管理者が一目で理解できるようにしました。そのために、製品ごとの使用シナリオや具体的な設置方法を示すイラストを多様化しました。これにより、製品の使用方法や設置手順が視覚的に把握しやすくなり、ユーザーにとって理解しやすいコンテンツを提供することができました。

さらに、サイト全体のデザインはアクセシビリティを重視し、全てのユーザーが快適に利用できるように配慮しました。大きな文字、シンプルなナビゲーションメニューなどを導入し、誰もが使いやすいウェブサイトを実現しました。

また、問い合わせの利便性を向上させるために、ユーザーフレンドリーな問い合わせフォームを設置しました。このフォームは簡潔で分かりやすく、必要な情報を迅速に入力できるように設計されています。

これらの取り組みにより、エクシオテックの製品の魅力を最大限に伝えるとともに、ターゲットユーザーからの問い合わせを促進することができました。今回のプロジェクトでは、イラストを作成するなどの工夫を凝らし、全ての人に「自由な日常」を提供するエクシオテックの理念をサイト全体で表現しました。

 

成果とインパクト

サイト公開直後から短期間で多くの問い合わせを獲得できました。これにより、エクシオテックの製品に対する関心が高まっていることが明確に示されました。

多くのお問い合わせを獲得できたことで、当プロジェクトは大きな成功を収め、エクシオテックの担当者も非常に満足されていました。新しいサイトは、エクシオテックの理念である「全ての人に、自由な日常を」実現するための重要なツールとして、今後の事業拡大に貢献することが期待されています。

今回のプロジェクトを通じて、エクシオテックはターゲットとする専門家層へのアプローチを強化し、製品の魅力を効果的に伝えることができました。これにより、同社のブランド価値が一層高まり、さらなる事業展開の基盤が築かれたと言えるでしょう。

menu

5+1 Design.